派遣会社の実態

派遣会社の実態を調査

もし派遣社員として働きたいならば(私の過去の体験談より)

私は、以前、兵庫県神戸市に住んでいたことがあり、その際、全国展開している大手派遣会社一社と兵庫県の中堅派遣会社一社それぞれに派遣社員登録を行っていました。

 

派遣事務が未経験の30代

 

大手派遣会社はTVCMなどでも時々見かけるほど非常に大きい会社だった為、派遣先の会社の数も膨大で、仕事を選び放題でした。しかし、登録されている派遣社員の数が非常に多い為、条件のいい派遣先や仕事はすぐになくなってしまいますし、中で働いている社員の方が派遣社員を人ではなく物のように扱うので、その環境に接していた私は非常に不満がたまっていってしまいました。一方で、兵庫県や大阪府で事業を展開していた兵庫県にある中堅派遣会社の方は、大手派遣会社のように人を物扱いするようなことはなく、派遣社員一人一人に人として接しているようでした。しかし、請け負っている仕事の数が比較的少ない為、仕事選びに苦労しましたし、たとえいい条件の仕事を見つけたとしても、派遣先の会社が提示した労働期間よりも短い期間しか働かせてもらえないといったことが、頻繁に起きました。私自身こういった経験から、派遣社員として働き続けていくことは辛いと思い、今は別の都道府県で契約社員としてある企業で働いています。ですが、もしどうしても派遣社員として働きたいという方がいるのならば、こういった私の経験を参考にして、派遣登録する派遣会社を考えてもらいたいと思います。

派遣会社で働いてみて感じたこと

わたしは大学卒業後に携帯会社の正社員として就職をしました。2年ほど務めた後に、結婚を機に転職をし、家事との両立もできるように派遣会社への登録をし働き始めました。正社員と派遣社員、どちらも経験しましたが、わたしが求めている条件にぴったりなのは派遣社員でした。家事と仕事を両立しながら扶養内で稼ぎたいこと、色々なジャンルの仕事にチャレンジして経験を積んでみたいことを求めていた為、働きやすさを感じることが出来ました。また、時給で計算をすると派遣社員の方が給料が良いことが多かったのでそれも魅力の一つでした。難点を上げるとすれば、福利厚生の充実度、ボーナスがないこと、安定性の低さかと思います。ですが、この3点についてはさほど重要視していなかったので問題ありませんでした。扶養内で働きたい主婦にとっては派遣社員の方があっているのではないかと思います。現在、子育てのために休職しておりますが、落ち着き次第また派遣社員として働こうと考えています。子育てしながら仕事をするには、どうしても働ける時間が限られてしまいます。その限られた時間内でなるべく多く稼ぎたいため、やはり時給の良い派遣社員として復職をする予定です。

派遣で働くという現実

「働く」という方法は現在色んな形がありますが、中でも「派遣会社」数社に登録をして「派遣」という働き方をしている人は女性を中心に非常に多くなっているのではないでしょうか。ただ、実際派遣を選んで仕事をしている方の中には本当は正社員になりたいのだがなれない、、という人が多くいると思われます。実際私は現在その状態。。元々正社員として別会社で勤務をしていたのですが諸事情により退職し、年齢の問題もあってなかなか正社員の道が開けない状態です。派遣という働き方も悪くはないのですが、やはり現実的には派遣法の問題もあって将来への不安が大きく、いつまでもこのままではいけないなと感じているのが現状です。会社によっては派遣期間が終了したあとに正規雇用をしてくれるところもあると聞きます。それもまた運で、派遣先に実際行って働いてみないとわからない部分です。今は「紹介予定派遣」という数か月後に直接雇用をしますよ、という約束がされている働き方もありますが、それはやはり40代50代はなかなかとってもらえないのが現実です。まあ確かに、自分が採用側であればこれから社員として迎えるのであれば20代30代のほうがいいのは当たり前ですけどね。わかってはいますが、やはり少々つらいものです。40代50代には経験があるぞ!と言いたいところです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ